baby

大和屋のベビーベッドについて

帽子をかぶった赤ちゃん

大和屋のベビーベッドは、赤ちゃんを高い位置で寝かせることが出来ます。その為、赤ちゃんがほこりを吸ったり、上のお子さんが間違ってぶつかったり等の危険がありません。高い高い位置にあるというこによって、私たち親が、お風呂の際の赤ちゃんの洋服の着脱がしやすく、腰を痛めることがありません。おむつ替えの際にも、楽に出来ます。ベビーベッドは、掃除もしやすいです。柵の部分には赤ちゃんが好きなおもちゃ等、取り付けられます。赤ちゃんに使用したいものの収納が大和屋のベビーベッドの下段部分に出来ますので、オムツや、おしり拭き等、赤ちゃんに必要なものはたくさん収納が可能です。
赤ちゃんが大きくなってベビーベッドを使わない時期になったら、柵を利用してサークルとして利用も可能です。ベビーベッドを置く場所ですが、窓際ですと、もしも赤ちゃんが柵を乗り越えて窓から転落した場合を想定して、壁に面した場所に置くことをお勧めします。大和屋のベビーベッドは、木で丈夫に出来ておりますので、きれいに畳んで収納すれば、意外とあまり場所はとりません。赤ちゃんのそのまた次の赤ちゃんまで利用が可能です。また流行り等、気にならないものです。是非、世代を越えて長い間、使用して頂けたらと思います。最近大和屋のベビーベッドは、脚の部分にローラーがついておりますので部屋から部屋への移動や、日当たりの良い場所へ移動させたり等、便利な造りになっております。

大和屋のベビーベッドの選び方

我が家はアパートで部屋数が少なく自分たちがベッドに寝ていたので赤ちゃんが生まれた時、大和屋のベビーベッド購入を決めました。狭い家にベビーベッドは予想以上に場所を取ってしまうので収納面を一番重要視し、ベッドの下に収納ができる物を選びました。実際に使ってみると本当に役立ちました。まず、赤ちゃんの衣類やおむつなど赤ちゃんの物はすべて下に収納できました。次にベビーベッドの底板の高さを調整し、柵の高さが変えられるかを考えました。
つかまり立ちをするようになると転落の危険が充分にあると聞いていたので、安全面もポイントでした。
生まれてから寝返りを打てるまでは、一緒に寝るのも窒息の可能性など強かったので必ず大和屋のベビーベッドで寝かせました。
そして今はもうすぐ1歳ですが、柵が高くなるようにし掃除やお昼寝の時には入ってもらっています。つかまり立ちを始めた頃1度だけ柵を低いまま入れたら柵に足を掛けようとしていてとてもひやっとしました。
柵の高さはかなり重要です。
そして素材にもこだわりました。大和屋のベビーベッドは高いものから安いものまで値段はまちまちでしたが、我が家は1、2年しか使わないので高額なものは辞めましたが、そこそこの値段で素材がいいものを選びました。底板がすのこになっていて、たまにベッドマットをあげてすのこを干せば衛生面も安心です。
現在1年使っていますが、布団を洗濯するついでに軽く掃除するだけで新品同様に綺麗です。大和屋のベビーベッドを購入してよかったなと思います。

知っておきたい大和屋のベビーベッドのアレコレ

大和屋のベビーベッドを買うなら、事前にどの様な種類があるか調べておくと良いですね。一口に大和屋のベビーベッドと言ってもサイズや機能は様々で、思い付きで購入してしまうには高価なものもあるからです。
特に最近では狭いスペースでも配置できるよう、標準よりも小さいサイズのベビーベッドが生産されています。場所をとらなくてうれしい反面、赤ちゃんが成長すればすぐにベッドとして使えなくなるデメリットも持ち合わせていますので注意しましょう。また高さのあるハイタイプのベッドは、ペットのいる家庭や埃等が気になる方にピッタリ。対してロータイプは転倒等の心配を防ぐことが出来ます。
大抵のベビーベッドはおもちゃの取り付けが可能ですが、元々オルゴールやゆりかご等赤ちゃんをあやす機能のついたベッドもあります。その辺りはママや家族が必要かどうか判断し選べると良いです。
ベビーベッドは一時しか使えないとお考えの方には、変形可能な大和屋のベビーベッドがおすすめになります。パーツを組み替えることでサークルや収納棚に出来るんです。その分お値段もはりますが、長く使える分コスパは良いです。
ベビーベッド選びには赤ちゃんの寝心地はもちろん、ママや家族のお世話法、使わなくなった後のこと等色々な視点で考えましょう。

ベビーチェアには確かな安全性のある商品を買いたい、そんな方にお勧めなのがベビーチェアの通販はお得に購入できます!ベビーチェアをお探しの方に大和屋のご紹介です!!専門店だからこその品揃えはお子さんのいてるご家庭の方必見です。